--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/04

夢うつつ

先日の練習でマンドラとギターの二重奏でメッツァカーポの「夢うつつ」
を演奏することになりました。

作曲者はイタリア生まれで19世紀末、フランスへ移住し、パリとロンドンで活躍した人です

ドラの低音のせいか聴いていて、個人的には曇り空のパリのセーヌ川のほとりの
風景がイメージされます。(行ったことはありませんが。笑)

本来はマンドリンとピアノの曲だと思われますが、ドラの低音でもこの曲にぴったり
だと思います。


どんな味付けになるか楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。